運命の犬!

.11

ジュン

ジュン(エアデールテリア) その2

まるで知識がないままに飼い始めてしまったジュン。

今ならわかる。

テリア系の難しさ、気質。

小動物への狩猟本能から、散歩中小さいワンちゃんに飛びかかってしまい、引き離そうとした旦那さんが、相手のワンちゃんに噛まれて何針も縫ったこともあったな。

う~みん家ではドッグフードだったけど、賞味期限切れのコンビニ弁当なんてもらったらご馳走のつもりであげてたもんね。

人間用に味付けされたものなんかワンコに良いわけないのに、、、。

大型犬を室内で飼うなんて、あり得ない時代だったな。

当然、長生きできるはずも無く、9歳で虹の橋へ。
180_R.jpg

旦那さんにとって初代の「運命の犬」はジュン。


.11

ジュン

ジュン(エアデールテリア) その1

あれは、26年前。う~みんもまだ若かった頃・・・。

家を建てたばかりで、まだ石ころだらけの状態。

旦那さんが子犬をもらってきた。

テリアの子犬って聞いていたので、手のひらに乗るようなヨーキーを想像していたう~みん。

見た瞬間 「デカっ!!」「これで子犬?」

テリアはテリアでも「テリアの王様」と言われるエアデールテリアの男の子。
(恥ずかしながら、当時のう~みんは全く知識がありませんでした)

共働きの上、3歳と1歳の二人の娘の子育てに疲れきっており、、、。

正直言ってワンコを可愛がる余裕がないのでありました。

旦那さんは「こいつは俺の犬!」と言って、どんなに忙しくても食餌も散歩も頑張ってこなし、可愛がっていました。

しかし、「俺の犬」と宣言したわりに「ジュン」という名前はう~みんが付けたんだよね。

トリミングが必要な犬種であることも知らず、見る間に毛玉だらけのボサ犬に。

179_R.jpg
178_R.jpg

夏にはシャンプーしてカットして(もちろん旦那のいい加減カット)もう少しマシな見た目だったような・・・。

ごめんよ、ジュン。



プロフィール

う~みん

Author:う~みん
ずっと猫派だった う~みん ですが、愛猫ジジを失った心の穴にスッポリはまりこんだのは・・犬でした。
それも訳ありの問題犬。
わんことニャンコとの日常を綴ってまいります。


ワタクシ(う~みん)
旦那さん

先住の老犬 ハナちゃん
元保護犬  ベル
野良ベビー出身(多分兄弟)アン・パン




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ