運命の犬!

.23

猫たち

ダメージ

ベビーのお世話って、疲れるわぁ~。


猫でさえ大変なのに・・・世の中の子育て中のママ・パパ、お孫さんの世話をしてるグランマ・グランパ、尊敬します。


子猫のベビーも2匹いっぺんって、結構時間もかかるのよォ。

ふやかしたフードも、食べるの下手だから 散らかすし 汚すし こぼすし・・・。

ミルクも冷めちゃったら 「ちべたいのは 飲まんからね、ペッ。」 だし。



超真剣にミルクを飲んでる 「アン」 は見るからにやんちゃ坊主。
DSCF2150_R.jpg


声も優しくて 女の子キャラな 「パン」
DSCF2149_R.jpg


只今 こんな感じに暮らしてます。





頭上に子猫なんかいたら、ストレスたまるかなぁ・・・なんて心配は無用だったみたいね。

めちゃくちゃアクティブな アン・パン です。



トイレもちゃんと出来るようになりました。



ミルクの間隔も長くなって、始めの頃より楽になったはずなんだけどなぁ・・・。

なんか眠いし、地味~にダメージくらってます ワタクシ。



もう少し大きくなったら、ケージに閉じ込めておくわけにはいかないよね。

お部屋でベルと一緒にフリーでいられるようにしないとな~。

DSCF2134_R.jpg


アン・パンががさごそ動き出すと、気になっちゃうベル。


DSCF2133_R.jpg


お互いが空気のような存在になるのは、時間が必要だわね。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。


.20

猫たち

離乳食始めました

子猫たち、順調に育っております。

乳歯も生えてきたので、離乳食を開始しました。










子猫用のドライフードを水でふやかして与えます。

ワタクシの黒く日に焼けたお手手・・・引っかき傷だらけで悲惨。

まだまだ口馴し程度で、メインはミルク。

お腹いっぱいになったら、2匹で遊びます。 







・・・・かわえぇ。   ク~~~~っ、かわえぇの~。

そろそろ名前を決めんとねぇ。

娘たち二人にも色々候補を出してもらって考え中。

漫画の中の兄弟の名前とか、好きな登場人物とか、めでたそうな名前とか、食べ物とか・・・考えすぎて、かえって決められない。

しかし長女からの候補の一つ、イエスとブッダ は即却下。

「聖おにいさん」という 面白い漫画があるそうなんだけど、その漫画のキャラなんだって。

だってさぁ、万が一脱走しちゃった時 お外で大声で叫べる?

「イエス~~ーーー!出ておいでーー!」

「ブッダーーー!ブッダ~~ーーー!」

無いわー。  (ヾノ・∀・`)ムリムリ


病院で呼ばれる時も恥ずかしくなくて、可愛い名前にしてあげるからね。

あぁ~ァ、ますます迷っちゃうな~。




ハイ、決まりました。

黒い子が  『アン』
茶色い子が 『パン』

さんざん考えた挙句の アンパンです。 (*´∀`*)

そして もし、もう一匹増えた場合のその子の名前は・・・もちろん『マン』  だよね~。


よろすく~。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。





.11

猫たち

ハナちゃんと子猫たち

なんだか忙しいなぁ。 おまけに眠いなぁ・・・。

昨日は力尽きてブログアップまでたどり着けなかった~。

なので、内容は昨日のことです。



まずは黒い子。

DSCF1993_R.jpg

美味しそうにミルクを飲んでますよ。 でも まだお目目があいてません。

茶色いこはもう何日も前にお目目パッチリなのに。ほら。

DSCF2018_R.jpg

でも、やっと。

DSCF2010_R.jpg

片目だけあきました。

DSCF2012_R.jpg

暴れっぷりは 変わらず・・・。

DSCF2008_R.jpg



そして茶色い子。

寝ているハナちゃんめがけて突進。





ハナちゃん、メチャメチャ困ってます。

「・・・乳は出ないゆえ・・・他当たって・・」




取り残された 茶色い子。

仕方ないので、それらしきものを求めて お顔スリスリ。





そこでいいのか? 何もないけど?

妥協したようです。 お手手でモミモミし始めました。 

いやん、カワイ~い。



昨日は実家犬ジルもお泊りに来ておりまして。

DSCF2033_R.jpg

続きはまた明日。

ささ、ミルクミルク・・・と。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。


.09

猫たち

ベルと子猫たち

保護した子猫たちに吠え吠えだったベル。

一番簡単に吠えを止める方法は、ベルと子猫たちを隔離すること。

ベルから全く見えない 例えば二階などに 猫ケージを移動するとか・・・。

でも それは、今後ずっと継続できるものではないし、面倒くさい。



「子猫がいても吠えない」・・・これが一番。



まぁ、色々と やってはみました。 

猫ケージのそばで、吠えずにいられたら褒める とか。

吠え始めたら「来い」で呼び戻すとか。

猫ケージは廊下に移して、猫が静かに寝ている時は あまり気にならないようにしてみるとか。

が、いずれも今ひとつ。  パッとしない。



ベルはなぜ吠えているのか、考えてみた。



得体の知れない小さな生き物が 生活エリアにやって来た。

危険なものか・・・何者か確かめたい! でもケージに入っていて確かめられない。

「出てこ~い! 確かめさせろー!」 興奮興奮・・・。  って感じでしょうかね。



ならば確かめていただきましょう。








結構勇気いりました、これ。

動画を撮ったのは3回目のチャレンジの時です。

1回目の時は興奮がひどくて、ガツガツ当たってくるし フンガーフンガーと大変でした。

CIMG4546_R.jpg


CIMG4545_R.jpg


このマズルガードは布製なので、子猫に当たって怪我をするようなことはありません。

でも若干、口が開くんですよォ。 ちょっとしたオヤツが食べられる程度・・・だそうです。

子猫の手足や尻尾は まことに細いんで、ベルに噛む気がなくても お口に入り込む心配もあり。


バンティング(口を開けてハァハァと息をすること)が出来ないタイプなので、あまり使っていませんでしたが 今回はこのマズルガードがいい仕事してくれました。



ベルも思う存分ペロペロしたんで、気が済んだことでしょう。



子猫たちも生まれたての今、何も怖いものがないこの時期に デカイ犬に触れ合ったことは良かったんじゃないかなぁ。

これがもっと成長した子猫たちだったら、ベルに「シャーー!」とかいって、素直にペロペロなんてさせてくれるわけないし。




ベルの吠えは ほぼ落ち着きましたが100パーセントではありません。

それに、これから子猫たちが大きくなって部屋を走り回るようになれば、また別の問題(追いかけ回すとか)が出てくるでしょうね。


その時はまたその時で。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。

.08

猫たち

犬と猫の関係・・・本日の場合

猫たち、まだ名前はつけてません。

茶色い子 男子 体重230グラム(保護時190グラム)

DSCF1976_R.jpg



DSCF1975_R.jpg




黒い子 男子 体重240グラム(保護時200グラム)

DSCF1980_R.jpg



DSCF1979_R.jpg



DSCF1978_R.jpg



DSCF1977_R.jpg



も~~ 黒い子の暴れっぷりが半端なくて、何枚撮ってもロクな写真がありません。

そして何枚撮っても「目つむりを感知しました」って・・・・正解!

まだ お目目開かないけど、いいのかしらねぇ。

いつまでたっても『土偶』状態なんだけど。

85px-JomonStatue.jpg



そして、保護当日のベルといえば・・・。

(吠え声が入っていますので音量注意デスよ)





慣れるまでは時間がかかるだろうな~・・・と思っていました。

が、本日のベルは こんなですよ。






子猫たちが「腹減った~~」と叫び出すと 様子を見に行きますが、普段は落ち着いていられるようになりました。


あるものを使って やってみましたよ。

ちょっと勇気いったけどね。

詳しくは明日。


ミルクの時間なんで、スンマセン。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。





プロフィール

う~みん

Author:う~みん
ずっと猫派だった う~みん ですが、愛猫ジジを失った心の穴にスッポリはまりこんだのは・・犬でした。
それも訳ありの問題犬。
わんことニャンコとの日常を綴ってまいります。


ワタクシ(う~みん)
旦那さん

先住の老犬 ハナちゃん
元保護犬  ベル
野良ベビー出身(多分兄弟)アン・パン




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ