運命の犬!

.30

散歩

それは何ですか?

いつものように マズルガードを付けて ベルとお散歩に。

前方から 買い物袋を下げた おばあちゃんが歩いてきた。

我々を見るなり 「あらまっ!」と立ち止まり、そして


「それは 何ですか?」 って。


えっ?「それ」ってどれ? マズルガードのことかなぁ。

えっとえっと~と 目を泳がせていると、


「犬なの?」


ひょえ~! 「それ」って ベル本体のことだったの?

どうやら おばあちゃん、犬の知識はほとんどないらしく プードルとか説明しても さっぱりなご様子。

が、う~みんの想像以上に 驚いたらしく、

「初めて見たわ。」「こんな犬もいるのねぇ。」「大きい」「珍しい」と感想を披露してくださいました。


う~ん・・・。う~みんの なんちゃってトリミングが イマイチだからかなぁ。

やっぱ、ヒツジかアルパカに見えたんだろうか・・・。

そういえば この間も 小学男子が ベルを見て

「うわ~っ!ヒツジだー!」「おれ ヒツジアレルギーだからー。ムリムリ!」

って、走って逃げていったけど。 もしかして あれも マジ?



この際 「凶暴なヒツジ」として 生きていくって どうかな~。

あれ? ベル君?

DSCF0675_R.jpg

わ~ なんだこの得体の知れない感じは・・・。

いつも こんな白目むいて 爆睡しております。

どんなに ブサイクでも う~みんにとっては

「あ~かわいい!」「ちょ~イケてる!」ベル君なのでございます。 ( *♛ ェ ♛)キラキラ

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。

.29

ムー

ムーちゃんのこと

今でも時々 ブログに登場する ムーちゃん。

CIMG4150_R.jpg

前にも書いたけど 既に虹の橋の住人です。



昨年の11月21日 ベルの「腸間膜捻転」から 約1ヶ月後。



その日のムーちゃんは いつもと同じ。 な~んにも 変わったところはなかったの。

窓辺で日向ぼっこしたり、ワンコのお水の器に「ジャボッ!」って手を突っ込んで お水飲んだり。



それなのに

ハナちゃんのお散歩に行ってる 1時間のあいだに

誰にも サヨナラ 言わないで

一人ぼっちで 行っちゃった・・・


散歩から帰って、玄関に入った時。

廊下と座敷の境目の 不自然な場所に 横たわっているムーちゃんが見えた。

何か変! 慌てて駆け上がり かがみ込む 「!!・・?・!」声が出ない

明らかに寝顔とは違う顔、お腹も動いていない・・・


ムーちゃん!ムーちゃん!ムーちゃん!!

頭が真っ白になった どうしていいか分からない

体をさする 揺り動かす  体がまだ温かい・・逝っちゃダメ!

お手々を握ると・・・ドキッとするほど  冷たい 肉球、、、。


長女の運命の猫 ムーちゃん。 茶トラ ♂ 13歳。

「最期にもう一度 抱っこしてあげたい、、、。」と

二日後 なんとか時間を作って帰省。

寒い季節だったので、ムーちゃんも 待っていることが出来ました。

畳が濡れるほど泣いて、とんぼ返りで帰京して行きました。


ムーちゃんの死因は 分からないままです。

その後色々調べてみましたが、なんの前触れもなく 突然亡くなってしまった猫ちゃん たくさんいるみたいですね。


う~みん家で 現在元気にしてるのは

DSCF0630_R.jpg

この でこぼこコンビ だけです。猫は いません。

でも ブログの中だけでも生き続けてほしいな・・・。

なので 時々 虹の橋から出張してもらいます。

07-12-31_11-24.jpg

う~みん家のお花畑で 白ムクゲと白アジサイの根元に 仲良く並んで眠る ジジとムーです。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。


.26

ペット保険

予知能力!?  んな訳ないか・・・

ベルの「腸間膜捻転」手術入院費を あ痛たたた・・・と支払った う~みんでありますが。

なんと、この日が来るのを 予知していたかのような!



手術4か月前に ペット保険 に加入しておったのでございます。\(◎o◎)/!



今までのワンコ達は しつけで困ったこともなければ、怪我や病気で 病院のお世話に

なったこともなく本当に飼い主孝行な 手も金もかからない子たちだったんですが。


ベルといったら 外耳炎はしょっちゅう繰り返すし、耳 破れるし・・・。

この程度でも1回に 軽く万札飛んでいくんだもの、大型犬の手術となったら 

う~みんの持ってる小金じゃ 太刀打ち出来ん・・う~む。


そんな時、いつもは読みもしないで削除していた ペット保険のメールが目にとまり 読んでみた。

月々の保険料はいかほど?  プー太郎の妻でも支払える金額なのかしら・・?

ふ~ん、いろんなコースがあるみたいね。


数社からパンフレットを取り寄せたり、ネットでクチコミを見たり、考えた末 加入しました。

ベルの場合 月額 1330円 
(毎年 年齢が上がるので月額も上がります。ベル 今年は1570円です。)

3万円~50万円までの手術入院費用 90パーセント保証で


11万7千81円 戻ってきました~!
        (TдT) アリガトウ



う~みんの負担は きっちり1割の 1万3千9円 でした。


損保会社さん ありがとう! もう誤飲させないように 気をつけます。

そして (*´д`*)モット激しく!!ありがとう~あの日加入を決めた う~みん!



CIMG4465_R.jpg

「大げさじゃね?」

バカバカ ベル君! 我が家の1日あたりの食費予算 知ってる?
800円だよ 800円! それも二人分だから。
回るお寿司だって 滅多に食べられないんだよ。


CIMG3912_R.jpg

「こいつ 金 かかりすぎ。」

ムーちゃん 目が怖いよ。
ワンコの御飯より ムーちゃんの御飯のほうが ず~っと値段高いんだよー。
節約してるのは 人間だけだから・・・(´Д⊂


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。

.25

怪我・病気

手術入院費用!あ痛たたた・・・

ベルが 誤飲を原因とした「腸間膜捻転」から復活したのは 非常に嬉しく、喜ばしく、ありがたく・・・。

う~みん これからも良い行いをします と神様仏様に感謝しました。

163_R.jpg


そして、今後こういう事故が起こらないように ベルのフリーでのお留守番は 諦めました。


ベルの腹も痛んだけれど、手術入院費の支払いで う~みんの「ふところ」も、かなり あ痛たたた・・でありました


我が家の決まりでは、犬の食費は旦那さん。猫の食費はう~みん。

そして、怪我や病気に対する 医療方針の決定と支払いは、それぞれの犬猫のオーナーが責任を持つことになっています。

ベルのオーナーは う~みんなので、もちろん全額う~みんが支払いましたよ。


                13万90円也


う~みんのパート収入は 月5万円前後です。(少なっ!) なるべく使わないように貯めてます。

しかーし、ベルが手術したこの時 旦那さんは 長年勤めた会社を辞め、プーたろーだったんです。゚(゚´Д`゚)゚

ただでさえ ピーンチ!\(◎o◎)/! な う~みん家。

家のローンを払い終え、娘たちも社会人になるまで育て上げ、スッカラカ~ンな我が家でプーたろー・・・。

ベルのなんちゃってトリミングができるくらい 器用で良かったわ。自画自賛する。

が、医療費だけはケチるわけにいきません。

(ΦωΦ)フフフ…  う~みんには 予知能力があったらしいよ。

続きは明日・・・。

CIMG4406_R.jpg

「予知能力って・・・オカルト方面に 話 盛ろうとしてるでしょ、、、。」

そんなことないって。 ちょっと 大げさに言ってみただけだよ、ハナちゃん。

「そういうのを ”盛る”って言うんダヨ。おばちゃんは これだからね~。」

エヘヘ・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。

.24

怪我・病気

やっぱり 手術・・・

どうか 胃捻転ではありませんように、、、。

長い夜が明け、依然として 具合は悪そうながら なんとか持ちこたえているベル。

かかりつけ医の院長先生が 在院日であることをネットで確認。(評判の良い医者は忙しく、学会などで不在のことも多いですから)

診療時間前でしたが、朝イチで診察していただきました。 (TдT) アリガトウ

経緯や症状を説明し、誤飲の影響なのか 調べるにはかなり時間がかかるとのこと。

一旦 ベルをお任せして帰宅することになりました。



待つ・・・。心配・・・。ため息・・・。待つ・・・。

やっと夕方 病院からTEL。 長かった~~。  そして


「胃捻転の疑いが有りますので これから開腹手術になります。」


とのこと。  ひぇ~ やっぱり? 予測はしていたけれど、、、。(つд⊂)ゥ~


無事に終了し、夜7時過ぎ 検査結果や手術の説明と面会。



血液検査  ・  全項目正常値 

レントゲン ・  胃と腸の形に異常が見られた

バリウム  ・  数時間経っても 胃から腸へ わずかしか流れない

内視鏡   ・  胃の中にはフードと草があり、異物は無かった(草は散歩の時食べた)



以上から 胃捻転と判断して開腹手術となったそうです。

実際 開腹してみたら、胃もねじれていたけれど 先にねじれたのは 小腸だったようです。

小腸がギュルルンとねじれたために つられて胃もねじれちゃった・・みたいな。



「腸間膜捻転」  だそうです。



結局 整腸のサプリ大量摂取により 腸が異常に活発に動いたことが原因らしい。

いずれにしろ、対応が遅れると ねじれた所が壊死して死んでしまうそうです。

良かった~。間に合って・・・。



面会したベルは エリザベスカラーを付けて 横たわっていました。

寝たままチッコしちゃったらしく、看護師さんに処置してもらってました。

「ベル」って声かけたら、少しだけ顔を上げました。


CIMG4751_R.jpg

「(゚(Д)゚\)おかえり! 腹の具合はど~よ。」  「ヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆ スゲー 痛かった。」


1週間入院の予定でしたが 回復が早く、3日で退院になりました。 よかった・・・。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。
 

.23

怪我・病気

サプリ誤飲 その後・・・まさか!?

留守の間に、旦那さんの 整腸栄養補助サプリメントを大量に食べてしまったベル。

当日は何事もなく過ぎ、翌日。

その日も 朝から元気で、排泄も食欲も問題なし。
 
いつも通り お散歩も済んで、夕方の食餌のあとは ケージで静かにお休み。



あ~ 良かった~。 一日半も経ったんだから、もう 大丈夫だよね。



旦那さんが仕事から帰ってきたので、ケージの扉を開けて・・・アレ? 何か変・・・!。

いつもなら 喜んで飛び出してくるのに、うずくまったまま。

目は開けてるけど じーっと動かない。



「ベル? どうしたの?」



いきなり飛び出してきたと思ったら、座ったり立ったり、ウロウロしたり・・・。

背中を丸めて震えてるし・・・絶対おかしい!



誤飲の影響が 今頃?



慌てて時計を見る。  あー もう診察終了時間はとっくに過ぎてる。

ダメもとで、かかりつけ医ほか 行けそうな範囲は全てTELしてみたけど 全滅。



う~みん 冷静になれ!

ベルを観察する。嘔吐は無し。

お腹が膨らんでいるように見えるけど・・・。背中を丸めて座っているせいかなぁ。

人間で言ったら "顔面蒼白" って感じ。自分でもどうしていいか 分からないようだ。

ネットで色々検索してみると。


まさか! 胃捻転・・・?


もし 胃捻転なら 一晩は持たないかも、、、。

いや待て、胃捻転なら 吐きたくても吐けないっていう症状があるんじゃ・・。

どうか 違いますように!


CIMG4746_R.jpg

一週間後のベル。「オレ もう死ぬかと思った~。」


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。


.22

怪我・病気

やられた!サプリメント 誤飲・・・

昨年10月のこと。

ベルの破壊行動もなくなってきたので、フリーでお留守番を練習し始めていました。

2時間程度なら イタズラせずに ハナと一緒にフリーでいられるようになっていました。



が、 旦那さんと二人で買い物に出かけ、かえってくると。

        「何 これ!」

旦那さんがいつも飲んでる サプリメントが食べられてる!

ベルとハナ お口の匂いを確認。   やっぱり ベル!

金属のフタを 無理やりカジカジして こじ開けたらしい・・・。

2000錠入りの大きな瓶、まだ半分以上残っていたはず。


慌てて成分を見たところ、整腸とビタミンCなどの栄養補助剤だったので ちょっと安心。

でも 食べた量が多過ぎる・・・。

その日は日曜日、休診。

う~みん地方 田舎につき、休日や夜間の救急動物病院がありません。

仕方ない 様子を見よう。 何かあったらどうしよう・・・。



排泄、食欲、元気  普段と何も変わらず無事に 一日が終わりました。

ホッ 良かった~~。  もー! 心配させて~。

今まで サプリになんて 興味示したこと無かったし、ちゃんと金属のフタを閉めてるから 大丈夫だと思ってた。


油断は禁物だな。

DSCF0611_R.jpg
「う~みん、ごめんね。」


でも・・・これでは済まなかったの。
 
にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ランキング参加中です。 
よろしかったらポチしてね。



.19

散歩

ハナとお散歩

ベルとハナは 毎日のお散歩は 一緒に行きません。

ベルがガウった時 巻き添えくって怪我するといけないし。

う~みん 体はデカイけど、意外と力は弱いオバチャンですから。



旦那さんなら大丈夫だろうと 以前チャレンジしてみましたが、暴れたベルだけ無事で

旦那さんとハナは、田植えが終わったばかりの田んぼに 振り落とされて、

泥だらけの足で帰ってきたことがあったよなぁ。ぷぷぷ(笑)



CIMG4310_R.jpg



なので 面倒くさいけど別々です。


ベルとの散歩は どうしても 訓練的になってしまうけど、

ハナとは な~んにも考えずに ぶら~っと歩けます。




そんな ハナとのお散歩で、たまにはコースを変えて う~みん母校の小学校の方へ行ってみました。

懐かしいなぁ。お休み時間中なのか 子供たちの声が聞こえる。

校舎のわきの道路から しばらく眺めていると、一階テラスを警備員らしきお兄さんが歩いてる。



セ○ム? ほほー 今時の小学校は 警備員さんの巡回があるのか?



すると 上の方から 元気な男子の声が。

「コンチクワ! コンチクワ~!」

と 昭和の香りのコボケをかましてくるではありませんか。

逆光で見えないけれど、明らかに外に向かって言ってるもよう。

あはは、こんちくわ だって。 ほれほれ 警備のお兄さん、こんちくわ と言ったら~返事は~


「コンニャクワ!」  じゃない?


早くぅ。応えてあげなよー。


「コンチクワ!」「ワンちゃん かわいいですねー!」


ワン・・・? (((‥ )( ‥)))

ターゲットは う~みんだったーー。


「こ・こ・・こん・・・」   言えねー。  (ヾノ・∀・`)ムリムリ



さぁ ハナちゃん、行こうかね。

無かった事にして サクッと立ち去った、う~みんでありました。


少年よ せっかくのボケを台無しにした チキンハートのおばちゃんを許しておくれ。

卒業シーズン。

願わくば 彼が6年生で、めでたく卒業しますように。

あの道を 心穏やかに お散歩できますように。


CIMG3869_R.jpg

「お兄さんには 早く応えてあげてって言ったくせに、自分じゃ出来ないの?」

オバチャンとはね そういう生き物なんだよ、 ハナちゃん。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。

.14

ハナ

お部屋で訓練

う~みん ハナちゃんに お説教してるわけではありません。

なんか、すごーく高速で動いているみたいだけど、そうでもありません。

DSCF0215_R.jpg






う~みん ガニ股になりかかっているのは「トンネル」のコマンドで、ハナちゃんが股くぐりしやすいように広げてあげてるの。

DSCF0212_R.jpg






高速 かつ ひっどいガニ股になってるのは、後ろからの「トンネル」を出来るように オヤツで誘導しているところ・・・・

DSCF0213_R.jpg







ちょっと!   この 雑な写真の撮り方 悪意を感じるわ~。

もうちっと かっこいい瞬間 あったよねぇ。    旦那さん。


まぁ エプロン姿で 「かっこよく」 は [+д+]/ ムリダーヨ かもしれませんがね。





愛だよ。  愛!

出直してきなはれ。



にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

.12

散歩

謎・・・

やっと このところ 少~し春めいてきたようですが。

ちょっと前までこんなだった う~みん地方。

DSCF0202_R.jpg

お散歩は 南極観測隊のような格好で できるだけ露出を少なく!

見た目は二の次三の次。防寒重視がおばちゃんの鉄則です。



お日様は出てるけど、寒っ という日のお散歩でのこと。

ベルとふたりで歩いていると、前方から 一人の小さいおばあちゃんが。

ベルを座らせて、通り過ぎるのを待つことにしました。


あらら おばあちゃん、だいぶ着膨れてるわねぇ。寒いもんな~。


すると こちらに向かって、

「大丈夫よ、お嬢さん。私、犬 怖くないから。」

(・_・ ) ( ・_・)_・ ) ( ・キョロキョロ  お嬢さん??

まさか・・・う~みん の事か?

いくら目の辺りしか露出してないからって お嬢さんには見えんだろう、、、。

例え後ろ姿だったとしても おばちゃん臭漂ってると思うけど。(自分で言いたかないけどね(T_T))

おばちゃんを 「お嬢さん」と呼んでいいのは 日本では みのもんた さん だけのはず・・・。

な~んて考えていたら、


「ほらっ。」って おばあちやんが。 


 ほらっ て?なに?何が ほらっ?

その途端、ベルがジタバタし始めた。どうしたベル。

ニコニコしている おばあちやんを よく見たら、うきゃー!

襟元から でっかい猫が いきなり顔だけ出した~。

おばあちゃん 着膨れてたんじゃなかったの?猫を仕込んでいたとは・・・。

お嬢さんと呼んで 油断させつつ、通り過ぎざま デカ猫との顔二段重ね。恐るべし猫使い。

なかなかシュールなシルエットでございました。


あれは 猫のための散歩だったのか、それともカイロ代わりにしていたのか・・・謎。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

.11

ベル問題行動・トレーニング

道具ジプシー 流血防止

ドッグキャンプ終了後も 結局パニック吠えはコントロール出来ず。

と言うことは、リードに噛み付く ついでに手も噛まれる危険があるわけで・・・。

マズルガード買ってみました。

CIMG4545_R.jpg

可愛い方がいいと思ったんだけど。こりゃ 目立ち過ぎだな。

CIMG4546_R.jpg

おまけに ちょっとしたオヤツも食べられるくらい 口が開けられるので、絶対に噛まれないという保証はないもんね。

ちょっとは開けられるけど、暑い日の散歩なんかでは パンティング(ハーハー息すること)は出来ないだろうな。

とにかく、噛まれた時の恐怖が 忘れられない。

ベルがまた あんな悪魔みたいになったら、リード離しちゃうかも、、、。

それだけは避けなければ。

飼い主が 自分の犬にビビっていたのでは コントロールなんて出来るわけないし。

「怖い」というマイナスエナジーはベルに悪影響この上ないはず。

そこで う~みん、こんなマズルガードを買ってみました。

DSCF0655_R.jpg

116_R.jpg

105_R.jpg

パープルのカゴ型のやつと、白黒のハードなやつ。

両方とも レーシング用なので、呼吸も楽に出来るし、付けたまま水も飲めます。

白黒のは 前から見ると ジェイソンみたいで ちと怖いかも。

これを付けることで う~みん 気持ちがすごーく楽になりました。

絶対 噛まれないもんねー。落ち着いて 対応出来るようになりました。

が、マズルガードを付けると ジェントルリーダーは付けられない。装着場所が かぶるので。

なので お散歩時はスパイク使用です。

DSCF0654_R.jpg

後ろから見ると 凄いことになってますねぇ。

上から順番に言うと、

マズルガードのベルト(毛に隠れて 見えてません)
スパイク (耳のすぐ下くらいの位置でないと合図が届きません 強いショックは不要)
スパイクが 下に落ちてこないように 手製のネックガード(マジックテープ付き)
常時付けている インディアンカラー(迷子札付き)

一番下の黒い細紐は、スパイクが外れた時(激しく暴れるとたまにパカッと外れます)の補助用に 軽くて丈夫なパラシュートカラー(スパイクと一緒のナスカンに付けてます)

これが お散歩時のフル装備。

いつか スパイクとマズルガードが無くても 普通にお散歩出来るように、頑張るぞ。

修行の旅は まだまだ続く・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

.08

ベル問題行動・トレーニング

ドッグキャンプ その後

ドッグキャンプから帰宅して 翌日。

お散歩 お散歩、行きましょ 行きましょ。

家を出て5分、遠くに 豆粒ワンコ 発見! いたいた。(ΦωΦ)フフフ…

え~と、5メートルくらいまで 近づいてから 止まって~ リードを短く・・・

「ガウガウガウ!アオアオアオ!」

(°д°)えっ? ウッソ~ん・・・まだ50メートルくらいですけど・・・?

チ~ン。  やっちまったかー。  ガックシ、、、。

いや 待てよ、たまたま ベルのスゴ~く苦手なワンちゃん だったのかもしれないし。

その後 何回かワンに遭遇するも 全て 玉砕、、、。



・・・いいんです。 これは う~みん、織り込み済みです。 アルアル です。

犬 預ける、トレーナー 出きる、 飼い主 出来ない、、、。

こんなことも あろうことは 分かっておりました。・・・いいんです。  うう (つд⊂)、、、。


結果を聞いた 旦那さんがひとこと。「わ~、もったいな~い。」

いいんだよー!う~みんは ベルのために 働いてるんだから。勿体なかぁ ないわい!



ホントのところ、収穫は たーくさんあったんです。

まず、ベルの問題がクリアになったこと。

     ドッグアグレッション(犬に対する攻撃性)は無い 

     プレイドライブ(動くものに対する攻撃性 猫・鳥・小型犬・クルマ・バイクなど)は無い

     社会化が不足しているわけでは無い(遊ぶこともできるし 挨拶も出きる)

     
そして  リーシュアグレッションだということが分かりました。

     リードに繋がれている状態で 他犬と相対する時だけ 攻撃的であったり、
     興奮したり、その転移行動でリードに噛み付いてきたりする。

     
これで 闇雲に恐れることなく、行動することができます。

それに、トレーナーが3週間でコントロール出来るようになったのなら、

う~みんだって いつかは 出来るようになるはず。


我ながら ポジティブだな。ワハハハ・・・。

修行の旅は まだまだ続く。

CIMG3743_R.jpg

「ガ・ン・バ・レ! う~みん ♫ 」  サンキュ ハナちゃん。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

.07

ベル問題行動・トレーニング

ドッグキャンプ 終了

予定通り3週間でドッグキャンプが終了し、千葉までベルをお迎えに。

到着してすぐに、外でハンドリングのレクチャーを受けたのですが。

ベルを興奮させないように、目を合わせないでくださいと言われ、ハグしたい気持ちをグッとこらえて知らん顔しました。

「(・3・) アルェー? う~みんだよねぇ?ねぇ、ねぇ、(・3・) アルェー?」

と ベルの頭の上に ?マーク が いっぱい出ていたので笑っちゃいました。

まずは ベルと歩いていくと、前から 女性と中型犬が こちらに向かって歩いて来ます。(これはスタッフさんと預かりワンコなので仕込みです。)

5メートルくらいまで近づいたら 立ち止まってリードを短く持ち、そのまま相手が通り過ぎるのを待ちます。

ベルは何も反応せず! ウヒョォォォォォ!これこれ これなんだよ!

ベル~ やれば出きるんじゃ~ん。゚(゚´Д`゚)゚


しかし、簡単過ぎないかい?

こういう時はこうして、ああなったら こうやる・・・みたいな技は 伝授しなくていいのかい?

「本人(ベル)がわかってるから 大丈夫ですよ。」   ふ~ん、そうなのかー。

よーし、翌日の散歩が楽しみだー。

さぁさ、帰りましょう 帰りましょ。ヽ(*´∀`)ノ

CIMG4506_R.jpg

サービスエリアでおトイレタイム

CIMG4516_R.jpg

帰る前日に シャンプー トリミングをお願いしてありました

CIMG4507_R.jpg

あー 楽しみ楽しみ。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

.07

ベル問題行動・トレーニング

ドッグキャンプ 続き

ドッグキャンプにベルを預け、う~みん家に帰り着いてからも、ベルは大丈夫か フードは食べたか・・と気がかりな夜を過ごし。

翌日は、毎日配信される動画のアップを まだかまだかと待ちながら。何回もログイン。

「はっ!出たよ!」と 旦那さんとPCの前に。

あー ベルが映ってる~。

・・・めっちゃ 笑顔で映ってました。

安心したけど、、、もうちょっと しょんぼり感 漂わせてても良かったんじゃない?

大人しいワンコから順に接触させる・・・どころか、すんごい ハイパーなブルテリア君と爆走してました。

アンタ、「犬嫌い」 では無かったみたいね。

それから毎日、いろんなワンちゃん達といっしよの様子が動画で配信されました。

1週間後、予定通り トレーナーさんから ベルの様子を知らせる お電話があり。

フリーの状態では それほど問題はないけれど、散歩中は やはり興奮吠えと暴れがあり、すごい力ですね~と言われました。

散歩では プロング(スパイク)カラーを使用することは了解済みでしたので、訓練をお任せしました。

その後の動画でも、ベルは毎日楽しそうで。

やっぱり 同族と遊びたかったんだね。家では ハナちゃん遊んでくれないもんねぇ。

それにしても ベルのいない毎日って。

こんなに無風状態だったのね。スゲ~ 楽・・・。

CIMG4035_R.jpg

「のびのび~~・・・でも、ちょっと つまんなーい。」

CIMG3826_R.jpg

「はやく どーが みよーよ」

CIMG3829_R.jpg

「まだぁ?」


続く・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

.05

ベル問題行動・トレーニング

ドッグキャンプへ・・・

ベルに噛まれたことによって、限界を感じた う~みん。

ここはひとつ、プロに預けることにしました。

以前から ブログを拝見していたトレーナーさんでしたし、社会化を促進しながら問題行動を直していく、ということに期待して。

3週間のドッグキャンプです。

しかし、遠い! う~みん県から 千葉県のその施設まで、高速使って4時間以上かかります。

去年の3月、その日は雪が降ってチェーン規制。早めに出たものの、6時間かかりました。(T_T)

想像とは違って 住宅街の普通の一戸建てのお家だったんで、ちょっと迷っちゃいました。

まずはカウンセリングで ベルの問題行動をお話して、大人しいワンちゃんから順に接触させてみましょうということになりました。

ちなみに、「う~みん県みたいな遠くから来てるワンコ居ますか?」ってきいたら。

「神戸とか、九州から来てるドーベルマンもいますよ。」だって。ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ!

ベルを置いて帰ってくる時は、「また捨てられちゃう」って思ってるんじゃないかと切なくて。

泣きそうになった、、、。

修行の旅は続く。

CIMG4489_R.jpg

出発3日前。 頑張ってこいよ!

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

.05

ベル問題行動・トレーニング

流血!

こボケをかますS先生のいる しつけ教室に通い始めて約10ヶ月経った頃。

わんこチラ見作戦も 少しずつ慣れてきたかな~と思われたのですが・・・。

ベルも「ここでは こんな感じでやるけどね 教室と散歩は別だから。」と

散歩中の他犬への興奮は 一向に収まらず、、、。

吠えずにいられるのは同居犬のハナと、う~みん実家のヨボヨボ犬だけ。

社会化不足と言っても 練習させてくれそうなワン友さんも居ないし。

犬嫌いなのかもしれないし。どうしたもんか、、、。


忘れもしない 去年の2月26日の夕方5時頃。

散歩中 角でバッタリ トイプーちゃんと鉢合わせ。

あちらは吠えるでもなく、普通に通り過ぎただけなのに・・・。

ベルは瞬間 踊るマグロ状態で。

う~みんも突然で 心の準備が無かった。

リードを短く持ち替えたと同時に ベルがリードに噛み付いてきちゃった。

ベルのやつ、リードと一緒に う~みんの人差し指 噛んだ~~!

CIMG4482_R.jpg

これは2~3日経った後で、キズパワーパッドが頑張って治してくれてるところ。

ホントは縫ってもらったほうが 早く治ったと思うよ。

もう、指先 取れちゃったと思った。(´;ω;`)

キズパッドが カサブタの代わりをしてくれるらしいんだけど、白くプクーって膨れて。

太い指が より太くなって、、、。(腫れてる と言ってくれ)

旦那さんは「わ~、まつたけみたーい。」だって。



ベル、、、。

ショック!凹みました・・・。そして、怖い。

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村


.04

散歩

修行の場

繋がれワンコで いつもベルにガウってくる白ワンコ。

散歩中の最大レベルの 修行場所となっている。

そこをクリア出来るかどうかで その日の散歩の出来が決定する重要なポイントだ。

そこまでもうすぐ という時、一人のおばあちゃんが家から出てきたよ。

やけに 薄着だ。寒いのに 大丈夫か?

「こんにちは~。」  

「あら可愛い!男の子?女の子?」

「はい、男の子です~。」

「まぁ、スタイルいいのねぇ。どこで飼ってるの、中?外?」

「大きいけど、室内犬なんですよ。」

「ふ~ん。高かったでしょう。」

「いえいえ。保護犬なんですよ。」

「オス?メス?」    (あれ?話戻ってねーか?、、、)

「大きいわねぇ。馬を小さくしたようなもんだわねぇ。」(う~ん 意味不明・・・)

「外に大きい小屋作ってやればいいわよ。」 (だから さっき室内犬だって、、、)

「家の中なら十二畳は必要だわね。」  (何基準?・・・)

「売ったら高く売れるわね。」 (なぜにベルを金に変えようとする?)


こんな時に限って、ベルはお利口にお座りしてるよ。

誰か~~!う~みんに立ち去るチャンスを くれ~~。  さっぶー。

おばあちゃん、早くお家に入ろうよ。風邪ひいちゃうよ。


ベルを立たせ、一歩ずつ一歩ずつ この金縛り状態から退場した う~みんでありました。

こんなトラップもありつつの、う~みん修行の旅は まだまだ続く・・・。

CIMG4082_R.jpg
「(; ̄д ̄) つかれたデス・・・」  「う~みんも・・・」

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



.04

未分類

食への執着・・・鶏の唐揚げ

鶏の唐揚げに対する 執着が 半端ないんです。

旦那さんが・・・・。

鶏の唐揚げを大皿に山盛りにして、思いっきり食べた~い

と言うので叶えてあげました。

もも肉5枚を唐揚げにしたら、めちゃめちゃ いっぱい出来たのよ。\(◎o◎)/!

旦那さん 大喜びで食べ始めたけど、人って思うほどには食べられないもんよ。

目は食べたがるんだけど、喉が拒否する。

で、半分以上残りました。

翌日 昼食に、酢豚風にリメイク。夕食に、タルタルソースでチキン南蛮風にリメイク。やっと食べきりましたわ。



今まで 好きなメニューの上位にランクインしてたのに、危うく嫌いになりそうだった。あぶね~。


CIMG3877_R.jpg
「言ってくれたら 手伝ってあげたのに。」



過ぎたるは 及ばざるが如し・・・その通り!

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村


.04

ジジ

悲しい別れ

ベルを迎えて4ヶ月後、黒猫ジジが う~みんを置いて旅立ちました。

おととしの5月。16歳でした。

あっけないほど さっぱりと。

看病できたのは、ほんの二日ばかり、、、。

果てしなく落ちようとする う~みんを、ベルの破壊 や ガウガウが その都度 現実世界に引き戻す。

10-12-07_10-29.jpg

う~みんは もう猫を飼うことはないと思う。

家族の誰かが猫を飼ったとして、一緒に暮らし 世話をして、可愛がることはあるかもしれない。

でも う~みんがオーナーになることは、もう無いと思う。

猫として、ジジ以上のパートナーは現れない・・・と思います。今は。

09-12-17_15-03.jpg

ベルがいなかったら、ペットロスになって 苦しい日々を過ごしていたかも知れないね。

ジジを失った喪失感を埋めるために、より一層ベルにのめり込んでいるんじゃないか?

ベルに依存してるんじゃないか?

と思うこともあるけれど、、、。

「ダンナよりも犬を大切にする 病み女」って旦那さんにも言われたし。

いいもんね~。(´ε`;)

にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村


.03

ベル問題行動・トレーニング

スペシャルおやつは・・これ!

しつけ教室での、他犬チラ見作戦を継続しつつも。

毎日の散歩中、ワンコへの 興奮、吠え、暴れ は一向に改善せず。

スペシャルなおやつって言ってもな~ワンコに会っちゃったら、食べ物やう~みんの声なんて 脳みそに届かないんだよなー。

ということで、「すれ違い」は無理。この段階では もう これは極力 回避しよう。

まずは お外に繋がれてるワンコのクリアだな。

ベルはどうやら 不穏なオーラを出しているらしく、ハナには吠えてこないワンコも 大体ベルには吠えてきます。

いつもの散歩コースの中で、ワンコのいるお家はベルも分かっていて 近くに行くとワサワサしだします。

なので ワサワサしだす前に、「座れ」普通のおやつ 数歩でまたすぐ「座れ」おやつ を繰り返し、コマンドに集中させながら、徐々に近づきます。

ワンコに近づいて、ガウる限界になったら、ハイ ここでスペシャルおやつ登場です。

DSCF0651_R.jpg

内側にまんべんなくクリームチーズを塗りたくった この小さいタッパーを、すかさずベルの鼻先にあてがい、夢中で舐めてる間に 早足で通り過ぎます。

成功して ガウらない距離まで誘導したら座らせて 落ち着かせ、ゆっくり褒めながらチーズを舐めさせてあげます。

失敗することもあったけど、これ 結構いい感じでしたよ。

クリームチーズって絶妙な「柔らかさ」というか「硬さ」というか、舐めても舐めても そう簡単には終わらないんですよね。

それが鼻先にあることで、目線が犬に行かない。興奮しずらい。ガウらない。

そして いい仕事をしてくれたのが、この小さいタッパー。

ベルの鼻先がちょっと入る大きさで、突っ込み過ぎると口あかないし、舐めたいけどなかなか舐められない。

う~みんの手のひらにすっぽり収まって、しっかり持てる。

今まで、こんな小さいタッパー何に使うのかなぁ?とず~と引き出しにしまわれていたキミ。

何回も捨てられそうになってたよね。捨てなくてよかった~。

こういう経験があるから 断捨離できないんだよね、う~みんは。綺麗な紙袋 取っておく派です。

クリームチーズ・・・いきなり閃いたわけじゃないんです。

実は、いつも読み逃げしてた ジョー君のブログにあったので、真似しちゃいました。

これでだいぶ成功体験積ませていただきました。

ありがとう!ジョー君。にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村







.03

ベル問題行動・トレーニング

指令! 美味しいおやつを準備せよ

しつけ教室では、当初 ご褒美として いつも食べているドッグフードを使っていました。

カロリーオーバーで肥満になったらいけないと思い、1日の食餌量の中から 適量をトリーツポーチにぶっこんでいましたが。

ご褒美には 少量でいいから 特別美味しい物の方がいい。とアドバイスいただきましたので、とりあえずバージョンアップしてみることに。

う~みんが選んだのは、猫用フード。

猫のほうが犬より味覚が発達していて、グルメだって聞いたんで、、、。(定かではありませんが)

まぁ、とにかく そのお高そうなゴールドのパッケージに

外はカリカリ、中はクリ~ミ~ 一粒で二度美味しい 超うまいよ的な説明書きがあって う~みん そそられてしまいました。

その時がやってまいりました。

コマンドをこなした後、さぁ ご褒美だよ。

・・・・おい!丸呑みしたら意味ないべ。

カリっ!トロ~はどこ行った?味わえよ~~!

そうかそうか、お高いから もったいないと一粒だったからイカンのだな。

よーし、ここは勇気を持って三粒だ ほれ。

「アムっ、ごっくん。」    「うぉ~い!歯を使わんかい!」

一粒で二度美味しいなら、三粒だったら 六度だぞ、ろ・く・ど!

DSCF0088_R.jpg
「ワタシ ニホンゴ ワカラナ~イ」


あ~失敗失敗。

猫のお口だからこそ、このサイズのフードをカリ、トロ~ってできるんだよなー。  残念、、。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村



.02

ベル問題行動・トレーニング

道具ジプシー 新たな道具に出会う

温かく迎えていただいた しつけ教室ですので、チームう~みんは休まず毎回参加していました。

我々の熱意を汲んでくださり、建物裏ではありますが ベル専用のスペースを設けてくださったり。

スタッフさんも専属で付いて、トレーナーのS先生も合間合間に来て指導していただきました。

基本、個人レッスンのない教室なのに 申し訳ないことで。

保護犬の譲渡にも関わっていらっしゃるようで、問題ありのワンコのトレーニングも今後 考えていこうということなのかなー。

ベルはいろいろなコマンドを、教えれば数回でできるようになったので、そっち系はちょっと置いといて~。

歩きながら、離れた場所の他犬をチラ見して、吠えなければオヤツ を延々とやってました。

たまにバックやターンなどのコマンドを入れて、盛大に褒め上げるも 今ひとつテンションのあがらないベル。

顔があからさまに 「( ・_ゝ・)ツマンネ」 になってました。


S先生もベルのガウガウを気にかけて、お仲間に対処法をいろいろ聞いてみたそうです。(と言うことは、やっぱガウガウトレーニング初めてなのね)

そこで提案されたのが、こちら。

CIMG4404_R.jpg

ひぇ~ こりゃ かなりインパクトのある・・・。

「カーミングキャップ」 と言います。

目の辺りがメッシュになっていて、ある程度 視界を遮ることができます。

ベルもこれをつけたら、刺激が減ってガウガウも減らせるんじゃないかと。

「しかし、見た目がすごいキョーレツですねぇ。」と言ったら

「キャップに目 書いちゃったらどうですかねぇ。」って先生。

えっ?  先生ってボケるキャラじゃないですよねぇ。

まさか、マジ? あの 新年のTVで毎年浜ちゃんと伊東四朗さんがやってる 一流芸能人 とかが番組中に付けるアイマスクみたいに?

笑っていいのか、頷いていいのか、、、。分かりづらいですよ、先生。

スベッた感 満載で会話が終了。う~みん ツッコミの腕も磨いておかねば・・・。

さすがに この 「パンツかぶった変質犬」みたいな見た目は ご近所で使用する勇気がなく。

教室限定でけっこう長いこと使っていました。

使用感は、う~ん どうだろう・・・微妙。

はっきり実感できるほどの効果は、ベルには無かったかなー。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村


.01

ベル問題行動・トレーニング

ジェントルリーダー

しつけ教室で勧められた ジェントルリーダー。

おやつを使いながらの装着練習で、割とすんなり付けてくれるようになったベルですが。

マズルをコントロールされるわけですから、好きなはずは無く。

立ち止まっては 両前足で 顔をかきむしって外そうと試みていました。

あの頃 普段の散歩では、名前を呼んでおやつ や、鼻タッチ なんかをやりながら、だいぶイイ感じに歩けるようになったと思います。犬に会わなきゃね、、、。

おやつ欲しさに アイコンタクトもとってくるけれど、精神的には繋がっていない感じ。

常に犬が居ないか アンテナを立ててるようで、豆粒 いや米粒ほどの遠いワンコを発見しても、ピコーンと尻尾が立ち、グッと前傾して、激吠えしながら暴れまわる。

そういう時は、「リードを短く持って脇を締めて固定する」「決して引っ張らない・・犬の首を痛める恐れがあるから」という教えを守り。

ひゃ~、ベルの顔 不細工ぅ。ジェントルつけてるのに無理やり暴れるから、顔がひん曲がってるよー。

なんて思ってるうちに、転ばされます・・・。

なぜなら、短く持って頭を固定しても 胴体が暴れまわってるので、足払いされます。

なんだよ結局、転ばされるのかよ~。

そしてベルの顔も、ジェントルの跡が赤く擦れて 痛々しい、、、。

この頃は、暴走のスイッチ入りまくってましたねー。

なんなら実際犬でなくても、ベルが犬だ!と思い込めばスイッチON。

お年寄りがシルバーカー押して歩いている の図
お母さんが小さな子供と 手をつないで歩いている の図
スーパーの袋を下げて 人が歩いている の図

こういうのは遠くから見ると 全部 人と犬のペアに見えるらしく。

あぁ勘違い の妄想世界にトリップして暴れまくるベルに向かって、無駄と知りつつ「あれ犬じゃないから!」と説得を試みる。

はぁ~ぁ、、、。こんなんで 犬慣れなんてできるのか?フレンドリーになって欲しいわけじゃないんだよ。

無関心でスルーできればな~。

DSCF0198_R.jpg

これといった決定打を見いだせず、とりあえず服従訓練をしていたこの頃。(おととしです。)

ホントいい子なんだよ~。犬がいなけりゃね。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村





プロフィール

う~みん

Author:う~みん
ずっと猫派だった う~みん ですが、愛猫ジジを失った心の穴にスッポリはまりこんだのは・・犬でした。
それも訳ありの問題犬。
わんことニャンコとの日常を綴ってまいります。


ワタクシ(う~みん)
旦那さん

先住の老犬 ハナちゃん
元保護犬  ベル
野良ベビー出身(多分兄弟)アン・パン




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ