運命の犬!

.23

お山

ブナの巨木

聖山 山頂を極めた日の帰り道。

車の窓から眺める景色の中に、チラッと見えた看板。

DSCF1753_R.jpg

車を止めて、様子を見る。

なかなか良さげな遊歩道。

DSCF1754_R.jpg

よし、次回はここを攻めることにしよう、と。



で、6月17日の日曜日にやって来た我々。

Capture_0617221129_R.jpg

写真では伝わりづらいんだけども・・・

結構な下り坂でございます。

すでにここで腰が引けて、後れを取るワタクシ。




いや、待たれよ。

やっと追い付いたのも束の間。

Capture_0617221325_R.jpg





良さげだった遊歩道は、いずこへ?

DSCF1755_R.jpg




これはもう、ケモノ道では?

DSCF1757_R.jpg





が、甘かった。

立って普通に歩けるだけマシであった・・・。



ロープが頼りの急勾配・・・ほぼ垂直、みたいな。

Capture_0617222935_R.jpg

べーちゃんは四駆だから、いいわよねぇ。(つД`)ノ

帰りたい・・・・

でも、まだ一本もブナの巨木に出会ってないし。




これ、旦那さんが撮った写真なんですけどね。

命

なんだこのボツ写真は・・・って、

よくよく見たら、端っこに小っさく写ってるのはワタクシではないか。

ロープ場で手間取って、物凄~~く置いて行かれたワタクシ。

下の方に見えた旦那さんに、

「ねぇ、道どこ~? ねぇ、ちょっとぉ・・」って言いながら、必死に急斜面を下りてくる途中です。

もう、お尻ついて滑り台みたいに滑って下りようかと思ったくらい。

拡大してみたらワタクシ、昔のゴルゴさんの”命!”みたいな格好しておりました。

ワタクシの上の逆光は、太陽の光じゃなくて”魂が抜けかかってる”んだと思う・・・。



必死の形相で下りてきたワタクシに、一言。

「道、こっちにあったのに。」 と指さす旦那さん・・・・。

鬼!o(`ω´ )o

だからさぁ、道 どこ?って聞いたじゃん。

酷いよ。   あぅぅ・・  (;д;)





苦労の甲斐あって、このすぐ先で巨木を見る事が出来ました。

DSCF1760_R.jpg



巨木 №4
DSCF1761_R.jpg


巨木  №3
DSCF1767_R.jpg

樹齢数百年の、苔むした堂々たる巨木でございました。




我々、逆回りしてるようなので、№2と№1の巨木がまだあるはずなんですが。

なんせ、道が無い。 今度は旦那さんにも見えないそうです。

DSCF1766_R.jpg




ただの藪が続くのみ。

この藪の中に、何が潜んでいるのか・・・想像したら歩く気にはなりません。

怖いもん。

あんなモノやこんなモノが居るに決まってる。

よそ者はワタクシ達ですから。

ところが犬たちは、こんな場所ほどテンション上がるみたいで。

DSCF1772_R.jpg





戻れるんでしょうか?

所々、木に巻かれたピンクの紐を目印に。

DSCF1771_R.jpg



小さな流れを渡って。





無事に車道に戻ることが出来ました。 ホッ。



ここは普通のスニーカーじゃ厳しかった。

トレッキングシューズ、買おうかなぁ。



けど、ここはもう二度と行かない。

色んな意味で、ワイルド過ぎる。



にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
いつもご訪問ありがとうございます。感謝~~。




NEXT Entry
半分 白い
NEW Topics
スワッグとやらを作ってみた
暖かい師走に、あれこれ
ニット帽子を編んでみた
アップリケ
久々シャンプー

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

う~みん

Author:う~みん
ずっと猫派だった う~みん ですが、愛猫ジジを失った心の穴にスッポリはまりこんだのは・・犬でした。
それも訳ありの問題犬。
わんことニャンコとの日常を綴ってまいります。


ワタクシ(う~みん)
旦那さん

先住の老犬 ハナちゃん
元保護犬  ベル
野良ベビー出身(多分兄弟)アン・パン




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ