運命の犬!

.14

ドッグラン

一歩前進・・

本日のドッグラン。

バーニーズ チロちゃん ♀
DSCF1710_R.jpg

DSCF1708_R.jpg




お先に入場されてました。

何回かベル チャレンジしたことあるんですけど、以前はフェンスの外でもうダメ。

ガウガウ祭りでワッショイでした。

なので 今までは、一緒のエリアは無理だろうと諦めてました。

チロちゃんのパパさんは、「誰とでも遊べるから大丈夫」っておっしやって下さるんですが・・・。

いやいやチロちゃん、未避妊の女子なりに結構なパワーをお持ちですよ。

が、パパさんがせっかく大丈夫っておっしゃるんだもの、チャレンジしてみたい。



フェンス越しにベルがガウったらやめようと思ったけど、入場まではガウらずOK.

その後しばらくオンリードで様子を見たあと、お互いに放牧・・・。

速攻ガウガウ祭り。マジモードで歯がカチカチ音するし。

わぁ~、チロちゃん ベルを仕留める気満々。

若干ベルの方が足が速くて逃げ切り~。


チロちゃん、チンピラ系のベルがお気に召さなかったみたい。

強気で対面したベルですが、女子の強さに圧倒されたのか、その後は何回かガウガウを繰り返しながらも、距離をとり 横目で様子を伺いながら、喧嘩にならない行動をしているのが分かりました。

結果、「近くによらない 刺激しない」という道を選んだ模様。 正解。

やれば出来るんじゃん。 






それから続々とワン友さん達登場。


超怖がりさんの ベルジアン・タービュレン ♀ ティアラちゃん
DSCF1712_R.jpg

ワンコに後ろから近づかれるのは超苦手。犬はお尻の匂いを嗅がれるのは仕方ないねぇ。

でも来られると「来ないで!ワワン!」ってなっちゃうの。

最初の頃は、パパさんオンリードで短く持ってティアラちゃんを制御してらしたけど。

そうすると なおさら逃げ場のないティアラちゃんはパニック。

飼い主さんの気持ち、よ~くわかります。ワタクシもやってましたからね。

ベルのマズルガードを参考にして下さり、安心して放牧出来るようになりましたよ。

ティアラちゃん、オビは完璧です。

まだまだランの中で パパさんママさんにくっついて石像になってることも多いけど、日に日に前進しているのがわかります。

今日なんて、自分から他のワンコさんのお尻を嗅ぎに行ってました。そうそう、昨日は うちのハナちゃんにお尻嗅がせてくれたもんね。ワワンて言わなかったね。えらいえらい。


何事も 経験した後の、犬の理解力や適応力はすごいです。

犬は犬の中で色々学ぶんだな~。



にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村
ブログランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。

NEXT Entry
一皮むけた
NEW Topics
テレビはどうなったのか?
家電ウォーズ
お気に入りの場所
猫を元気にさせる物
花火 2017

Comment
387
No title
君子危うきに近寄らず、ベルちゃん学んだねー。
えらいえらい!

苦手なものは見ないに限る。
それが出来るって大人の証拠よね。
ディノやフレーズは、それができるんだけどエルファは怖がり故に
がん見しちゃうんだよね。

ティアラちゃんのパパさんもすごいね。
うーみんさんっていいお手本があるからだよ。
怖くてリード短く持っちゃう気持ちはわたしも分かるぅ。
でも、それやっちゃうと犬が余計に守りに入っちゃうからね。

例えばランの中で、ずっと立ってないで歩き回ったら、ティアラちゃんも
後ついてくるんじゃないかな?

388
ディノまま様
技量が無いので 教えられないことばっかりなんですけど、飼い主さんやワンコさんの胸を借りながら色々経験させていただき、ベルがハードルを越えていくのを見るのはホント嬉しかったです。v-308

ティアラちゃんもね、毎日の変化が手に取るように分かりますよ~。

わぁ!ディノままさん すごい!
それ いい考えだと思う。パパさんママさんが歩き回ったらついてくるかも。e-287



Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

う~みん

Author:う~みん
ずっと猫派だった う~みん ですが、愛猫ジジを失った心の穴にスッポリはまりこんだのは・・犬でした。
それも訳ありの問題犬。
わんことニャンコとの日常を綴ってまいります。


ワタクシ(う~みん)
旦那さん

先住の老犬 ハナちゃん
元保護犬  ベル
野良ベビー出身(多分兄弟)アン・パン




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ