運命の犬!

.21

モモ

幸せな介護

ベルが来る3か月前、2010年10月に14歳で虹の橋を渡ったビーグルMIXモモ。

心臓が悪く、何回か腹水を抜いてもらい、お薬を飲ませていましたが。

もう手立ては無いと言われ、、、。

こういう時、今後の治療方針は主たる飼い主である二女が決めます。



延命のための治療はしない  苦痛があれば取り除く手当はしてもらう 薬は続ける



う~みんは、その方針に従って介護しました。

きっと二女は、モモにずっと付き添って介護したかったでしょうが、東京で仕事を持つ身では叶えられません。


10-10-12_18-22.jpg

寝たきりになった この頃は、多分もう目も耳も機能していなかったと思われます。

起こしてあげて缶詰のフードを近づけると、少しずつでも食べることが出来たので、鼻は機能してたのかなぁ。

毎日、お別れに近づいていることを実感しながらも、モモの顔がほんとに穏やかで。

恐れもなく、静かで、いっそう可愛くて。

体の向きを変えてあげたり、お尻周りを拭いてあげたり、夜も隣に添い寝しながら何回も起きて様子をみたり。

そんなことは、まったく苦痛ではありませんでした。

モモが、まるで赤ちゃんみたいに う~みんに全てを委ねてくれることがありがたかった。

う~みんも最期の時が来たら、モモみたいに穏やかな顔になって、看取ってくれる人を癒したいものです、、、。


自力で顔を上げることも出来ず、意思表示もせず、ただ天使のような目で空をみつめるだけのモモ。

二女が仕事の都合をつけて帰省し 「モモちゃん、具合どう?」と撫でた瞬間。

今まで何にも反応しなかったモモが、パタパタ と、小さく2回ほど尻尾を振りました。

そっかー、わかったんだねぇ。待ってたんだね、、、。

二女の目からは大粒の涙が。

その晩は二女が隣に添い寝しましたが、夜中にモモは吐血。

翌日は、後ろ髪引かれる思いで帰京して行きました。


それから一週間ほどで、モモはホントの天使になりました。



あれから2年と4ヶ月、二女の携帯の待受は モモ のままです。



にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村


NEXT Entry
引っ張り大魔王
NEW Topics
晴れました 河川敷散歩
御無体なお猫様
体重測定
雨続き
河川敷散歩

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

う~みん

Author:う~みん
ずっと猫派だった う~みん ですが、愛猫ジジを失った心の穴にスッポリはまりこんだのは・・犬でした。
それも訳ありの問題犬。
わんことニャンコとの日常を綴ってまいります。


ワタクシ(う~みん)
旦那さん

先住の老犬 ハナちゃん
元保護犬  ベル
野良ベビー出身(多分兄弟)アン・パン




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ