運命の犬!

.24

怪我・病気

やっぱり 手術・・・

どうか 胃捻転ではありませんように、、、。

長い夜が明け、依然として 具合は悪そうながら なんとか持ちこたえているベル。

かかりつけ医の院長先生が 在院日であることをネットで確認。(評判の良い医者は忙しく、学会などで不在のことも多いですから)

診療時間前でしたが、朝イチで診察していただきました。 (TдT) アリガトウ

経緯や症状を説明し、誤飲の影響なのか 調べるにはかなり時間がかかるとのこと。

一旦 ベルをお任せして帰宅することになりました。



待つ・・・。心配・・・。ため息・・・。待つ・・・。

やっと夕方 病院からTEL。 長かった~~。  そして


「胃捻転の疑いが有りますので これから開腹手術になります。」


とのこと。  ひぇ~ やっぱり? 予測はしていたけれど、、、。(つд⊂)ゥ~


無事に終了し、夜7時過ぎ 検査結果や手術の説明と面会。



血液検査  ・  全項目正常値 

レントゲン ・  胃と腸の形に異常が見られた

バリウム  ・  数時間経っても 胃から腸へ わずかしか流れない

内視鏡   ・  胃の中にはフードと草があり、異物は無かった(草は散歩の時食べた)



以上から 胃捻転と判断して開腹手術となったそうです。

実際 開腹してみたら、胃もねじれていたけれど 先にねじれたのは 小腸だったようです。

小腸がギュルルンとねじれたために つられて胃もねじれちゃった・・みたいな。



「腸間膜捻転」  だそうです。



結局 整腸のサプリ大量摂取により 腸が異常に活発に動いたことが原因らしい。

いずれにしろ、対応が遅れると ねじれた所が壊死して死んでしまうそうです。

良かった~。間に合って・・・。



面会したベルは エリザベスカラーを付けて 横たわっていました。

寝たままチッコしちゃったらしく、看護師さんに処置してもらってました。

「ベル」って声かけたら、少しだけ顔を上げました。


CIMG4751_R.jpg

「(゚(Д)゚\)おかえり! 腹の具合はど~よ。」  「ヾ(〃゚ω゚)ノタダィマ☆ スゲー 痛かった。」


1週間入院の予定でしたが 回復が早く、3日で退院になりました。 よかった・・・。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村
    ↑
ランキング参加中です。よろしかったらポチしてね。
 

NEXT Entry
手術入院費用!あ痛たたた・・・
NEW Topics
そこ、涼しい?
収穫と水遊び
デジャヴ?
お~い、光よ・・・
思うツボ

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

う~みん

Author:う~みん
ずっと猫派だった う~みん ですが、愛猫ジジを失った心の穴にスッポリはまりこんだのは・・犬でした。
それも訳ありの問題犬。
わんことニャンコとの日常を綴ってまいります。


ワタクシ(う~みん)
旦那さん

先住の老犬 ハナちゃん
元保護犬  ベル
野良ベビー出身(多分兄弟)アン・パン




最新トラックバック



FC2カウンター

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

RSSフィード 管理者ページ